絨毯クリーニングに出す際の注意点

通常のクリーニングを利用する時に注意する点といえば、ポケットに余計なものが入っていない。汚れやほつれを確認しておく、サイズを確認する、素材を確認し丁寧にクリーニングしてもらえるお店なのかを確認する等、まさに信頼を確認することが大事です。絨毯クリーニングも同様です。絨毯も実は縮むことがあります。やはり服の布も絨毯も糸の集まりであり、その素材はどちらも色々ありますが、素材によって注意が必要な点は同じです。しかも絨毯の場合、持ち帰る時は気付かないけれど、家で設置しなおすと小さくなっていることに気が付いたということもあります。絨毯と通常のクリーニングの違いはその手間です。長年洗っていない絨毯と、1年洗っていないダウンジャケットでは汚れの程度も、面積の大きさからくる作業の大変さも違います。同じ点は、素材によって洗い方を注意することです。信頼できるお店を選ぶことこそまずは大切です。

絨毯クリーニングは専門店が安心なのか

信頼が大切なクリーニング店ですが、絨毯を洗ってくれるクリーニング店を探すのは少し大変です。大手のクリーニング店で行っている場合は多いですが、すべての素材を取り扱っているのかは不明です。サイトなどで公開しているクリーニング店もあるので参考にしてほしいです。また購入したお店を経由してお願いする方法もあります。特に絨毯の専門店で依頼した場合は、そのお店で絨毯クリーニングを請け負ってくれる場合もあります。ペルシャ絨毯など高額なものは専門店もありますのでぜひ相談をしてほしいです。そして絨毯を出すのではなく、家に来てもらって洗う方法もあります。それがハウスクリーニングです。ただこの方法は丸ごと洗うわけではないので、どうせ洗うなら全体をキレイにして欲しいと思う方にはおすすめしませんが、ハウスクリーニングのついでに一緒に綺麗にして欲しいという方にはおすすめです。

絨毯クリーニングのその後の保管方法

通常のクリーニングのほとんどは持ち込みとなりますが、絨毯になると大きさによっては運ぶことすら困難な場合があります。クリーニング店によっては持ち込みのみの対応の可能性もありますので、必ず確認をしてほしいです。それではクリーニング終了後はどうするのか、それはすぐに袋から出すことが大事です。これも通常のクリーニング同様ですが、あの袋はあくまでもホコリ防止であって、ずっと被せて置いて何か効果があるわけではないので、専用の袋をかけて改めて保管する方法を取る必要があります。また絨毯の場合、すぐに袋から出して、より乾かす必要があります。お店でも十分乾きますが、ほんの少し湿気が残っているだけで、乾燥剤の入れず袋のまま放置すればカビが生える可能性もあります。ただ置き場がなくて放置するしかないという方は、保管サービスを利用する方法もあります。季節ごとに絨毯クリーニングを行うかたにはぴったりのサービスです。